建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

木造の広いリビングの限界

ハウスメーカーから木造軸組工法で、LDKのサイズが2.5間x5間の長方形で提案頂いておりますが、以下の条件の元、もう少し広いリビングを希望してますが、限界という回答を貰ってます。
本当に技術的に厳しいのか専門家の意見を聞かせてください。

・リビングの半分の2.5間x2.5間が吹き抜けにしたい。大きな吹き抜けを希望。
・外に面した5間側には、1.5間の吐き出し窓が2つ並べて外とも開放感を出したい
・リビング内に柱や、吹き抜けに梁を出さない
・耐震等級3としたい

希望は、3間x5間 or 3.5間x5間の空間くらいにしたいと思ってます。

専門家の回答

4件

星マーク
相談者が役に立った
2017年12月18日
EverGreenさま

3.5間×5間でも技術的には問題ないと思います。梁が6M以上飛びますので集成材を使用することが良いかと思います。3間であれば6M未満で納まりますので、製材すれば無垢材でも問題ありません。以前3間×4.5間の柱無し・天井高さ4.5~6Mのダンスホールを作らせていただいたときも無垢材でトラスを組みました。6M以上でも製材できるところはありますが、極端に値段が高くなってしまいます。
http://www.soann.co.jp/images/picdancehall.jpg

ハウスメーカーさんは自身の会社のスキームの中で完結させていくことをお考えになられますので、難しいのではないかと思います。前述のお客様もHMさんに絶対できないと言われて当社にお越しになられましたから・・・。

全体のプランがわかりませんので確定できませんが、耐力壁等のバランスを配慮して構造計算をすれば耐震等級3も取ることも可能だと思います。ただリビングに梁を出したくないとのことですが、2階の火打ち梁だけは入れられることをお勧めします。デザイン的に処理されればよろしいのではないでしょうか。

もちろんコストやデザイン、機能など様々な要因が絡んできますのでEverGreenさまにとって何が正解かわかりませんが、とりあえず技術的なことだけで言いますとご希望の空間は可能です。

設計処草庵 中原賢二
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2017年12月19日
EverGreenさま

吹き抜けたっぷりの開放的なリビング。共感いたします。ご質問の件ですが、2.5間×2.5間の吹き抜けですが、他の回答者さま同様に技術的には可能です。ただし、ハウスメーカー様的には標準仕様を超えるものであり厳しいということでしょう。

教科書どおりの吹き抜けというのは、2間×2間です。この場合ですと真ん中に梁を通す必要はありません。梁の断面サイズも、105mm×270mm~330mm程度で可能です。3間のスパンを飛ばすには、梁せいも大きくなってしまいますので、やはり集成梁になってしまいます。集成材を使うことが、ハウスメーカー様としてはNGということや、それにともなう天井高などにも影響がでるのでしょう。

また、材料の問題だけではなく、吹き抜けのサイズは建物全体としての剛性のバランスにも影響します。剛性とは変形に対する抵抗の度合い、つまり地震力に対する抵抗する力です。

剛性は主に、
鉛直構面(耐力壁)
水平構面(床、屋根)

です。よって、吹き抜けが大きくなるということは、水平剛性が低下するということです。しかし、耐力壁の長さ、配置次第ではその水平剛性を補うこともできます。なので、吹き抜けのサイズの限界値は耐力壁の長さ、配置といった全体のプランにも大きく左右されるということです。

もし大きな吹き抜けを確保したければ、吹き抜けが伴う部分に耐力壁を設けるなどすればハウスメーカー様でも可能かもしれません。その場合、リビングに耐力壁が出来てしまいますので、完全な無柱空間とはいかなくなります。それでも、なかなか開放的だとは思います。

また個人的な所感ですが、率直に限界だと、断言されるメーカー様は信頼できると思います。できないことを出来ると言って、無理な構造計画で進めてしまうのは大変危険ですので。

家づくり、どうぞ楽しんでください!
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2017年12月19日
初めましてアース・アーキテクツの鷲巣(ワシズ)といいます。

上に2階が載っていれば、一般の在来工法で特殊な開口部のフレームを使
わなければ「耐震等級3」は無理だと思いますよ。
耐震には「耐力壁線間の間隔」や「耐力壁の間隔」も重要になってきます。
かつ、大きな吹き抜けなどご法度です。
下記に2階床の重要性に関する「静岡県構造設計指針」の耐力壁に関する部
分のURLを添付いたします。
http://earth-architect.sblo.jp/article/181195196.html

平屋でも特殊な方法を使用しない限り「耐震等級3」は厳しいかもしれませ
んね。

アース・アーキテクツ一級建築士事務所 鷲巣
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「木造の広いリビングの限界」をfacebookでシェアする

おすすめ

同じカテゴリーの他の相談

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら