建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

35坪での完全分離型の二世帯住宅

はじめまして。
建築に関してほとんど知識のない状態なのですが、相談にのっていただける方を探しています。

東京都、35坪の主人の実家を建て替えて、完全分離型の二世帯住宅を考えています。
しかし、あるハウスメーカーに問い合わせしまして、調べていただいたところ、容積率80%、建ぺい率40%とのことで、この土地に完全分離型の二世帯は不可能だと言われてしまいました。

でも、この土地を売って他の土地に住み替えるというのは主人や主人の両親は望まないので、今ある土地でどうにかするかないのです。

家族構成は、我が家は子ども2人の4人家族と主人の両親、計6人で住む家となります。

1階と2階で分けるとして、1階を主人の両親のスペースで1LDK、2階を私たちのスペースで3LDKなどと当初思い描いていたのですが…
素人の思いつきなので、不可能なことかもしれませんが、例えば1階スペースを少しわけてもらいメゾネットタイプのような形で、私たちのスペースを少し1階に広げるとか…そんなことは可能なのでしょうか。。

実際に似たような例の施工例があったり、どのような間取りが可能かなど、提案をしていただける方はいないかなぁと思い、書いてみました。
どうぞよろしくお願いします。

専門家の回答

10件

星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月14日
35坪×40%=建築面積14坪×2=28坪が法的な最大です。
但し、緩和があり、一定の面積制限はありますが、
地盤が良ければ地下室を居住空間にもってくることも可能です。
また、物入れなど基準法を最大限に利用しなんとかしたいものです。
14坪で3LDKは厳しいですが、コメント見ますとなんとかしたいですね。
間取りによっては、すり合わせできるかもしれません。
一度メール下さい。考えてみます。
鶴崎より
k-tsurusaki@nifty.com
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2017年01月15日

landholeのプロフィール写真

鶴崎様

ご回答ありがとうございます。
このように言っていただけてとても心強いです。
無理なのかと家族で落ち込んでいたところでしたので、、専門家の方のアイデアをお貸しいただいて土地を最大限に生かした建物が出来たら嬉しいです。
メール、お送りさせていただきます。

星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月14日

landhole様 初めまして、鎌倉で設計活動しております板垣と申します。建ぺい率容積率が厳しいわけですので、無駄な動線を無くすることで、広い面積で無くても、コンパクトで楽しい住まい。というのを目指せば、満足する家ができると思います。敷地形状がわからないと、正確なことが答えられませんので、メールで頂ければ無料でプランニング可能です。バリアフリーの観点から、1Fはやはりご両親の住むスペース、2Fは小世帯とし、ロフトをうまく使うことで、収納なども可能と思われます。面積だけにとらわれず、住みやすい家を目指してみましょう。   
板垣貴之建築設計事務所  板垣より
http://takayukiitagaki.wixsite.com/mysite
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2017年01月15日

landholeのプロフィール写真

坂垣様

ご回答ありがとうございます。
心強い回答に、家族一同ほっとしました。
是非ともプランニングしてみてもらいたいのでまたご連絡させていただきます。
ロフトなども出来たら素敵ですね。
よろしくお願いします。

星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月14日
はじめまして。
株式会社カキザワ工務店の広報の芦原と申します。


弊社で建築をしたことのある完全分離二世帯住宅は、
1階が親世帯が住むスペースで2階は子世帯が住むスペース。


子世帯の奥様から「子供がドタバタ騒ぎ1階に住む両親に迷惑かかるのが心配」という気遣い・配慮の声を頂き、1階の一部に子供部屋をつくりました。


カウンターキッチンにしてみるや小あがりの畳スペースの下部に収納スペースを設けたり限られたスペースを有効活用したりすると、広々とした空間が完成しますよ。


アイデア必要な建築は、打ち合わせ場所が近い会社さんで何度も打ち合わせ回数を練り合わせると1度で満足いく二世帯住宅が完成すると思いますよ。


気になる会社があれば、お問い合わせをされてみてください。
ご家族でその土地に住めるといいですね。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2017年01月15日

landholeのプロフィール写真

ご回答ありがとうございます。
なるほど!そのような形の方もいらっしゃるんですね。
たくさん打ち合わせを重ねて良いものが出来たら良いのですが…回答を見ているだけでも、そのような案があるのかなぁと感心しています。
希望を持っていきたいと思います。ありがとうございました。

星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月15日
バリューフォーマネーか、どうかってことになるでしょうね。
敷地の形状も分からないので、数字からだけしか回答出来ませんが。
35坪の「土地」であった場合、他の先生方も答えているように
建築面積(建坪)は14坪です。6帖間が3坪ですから、なんとか
家らしくはなるでしょうけど、完全に親と子の世帯を分けるには、
お風呂やトイレに台所などを二つ用意しなくちゃなりません。
馬鹿馬鹿しいと思います。

家は、生活の拠点です。そこを拠点として学校に通ったり、会社に
通ったり、寝て、食べてってのが基本です。
家族が「気持ちよく」暮らせることが「同居」の前提です。
もし、一緒に顔を合わせることも出来ないほどに気まずい関係なら、
一緒に暮らす意味が有りません。それも狭小住宅となれば尚更です。

普通に6人家族が無理なく暮らして、良い家が出来たなと感じながら
暮らせる計画なら、1/3容積率から除外される「金のかかる地下室」の
計画や、高さ制限さえクリア出来れば少しは役に立つ「小屋裏収納」
なども意味のある投資になると思います。

僕は、仕事の依頼を受ける前に必ず計画に妥当性が有るか、施主と
話し合ってから受けることにしています。庶民にとって、家を建てる
程のお金は本当に大切です。
今おかれている生活の問題点を解決できるだけの普請事業になるのかどうか、
老婆心ながら話を聞かせていただいて、僕にできる提案を出させて頂いて
います。もし行き詰っていらっしゃるなら、御一報いただければ、
少しは役に立つ話が出来るかもしれません。

URBAN GEAR / アーバンギア 本多 信章
atelier@urbangeardesign.com
http://www.urbangeardesign.com
054-206-4343
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2017年01月15日

landholeのプロフィール写真

本多様

ご回答ありがとうございます。
バリューフォーマネー、その通りですね。
地下室、屋根裏収納、是非詳しく聞いてみたいですし、取り入れることで可能性が広がるものはどんどん取り入れたい考えです。
完全分離型は、私だけでなく過去の経験から主人の母も強く望んでいて、もしどうしても不可能というわけではない限り、今の良い関係を保つ為にもそうしたいねという話なのです。
いろいろな提案をいただけたら嬉しいです。
ご連絡させていただきます。ありがとうございます。

星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月15日
landhole様

はじめまして。
祐建築設計室の吉田と申します。

メゾネットタイプのような考え方もできますし、ご予算が許すのであれば、面積に含まれない範囲で地下室や小屋裏収納を計画するのはいかがでしょうか?

もちろん、ご予算的には大幅なアップになってしまいますので、その場合は、どのような生活を望んでいるかをまとまることが大切です。
完全二世帯である必要があるか?完全二世帯にするために居室の面積を小さくするか?水廻りを2つに分けることに予算をかけるか?個室3部屋はどのような用途で使い、本当にその数が必要か?等です。

一般的な住宅の概念にとらわれず、水廻りを共有にしたり、個室を細かく分けなかったり等、狭い空間で暮らす方法はたくさんあります。
私自身も小さい住宅は手掛けておりますし、お勧めしておりますので、何かございましたらお気軽にご連絡いただければと思います。

よろしくお願いいたします。


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
祐建築設計室 一級建築士事務所
代表 吉田 祐介
TEL.FAX:050-3497-8125
E-mail:yu.architects@gmail.com
HP:http://yu-architects.jimdo.com/
FacebookPage:https://www.facebook.com/yu.architects
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2017年01月15日

landholeのプロフィール写真

吉田様

丁寧なご回答ありがとうございます。
家族の思い入れのある土地に、思い描く家が建つことが理想なので、地下室案や屋根裏収納のことなどもどんどん聞いて取り入れたい気持ちです。
分離型にする案は基本的には変えたくなくて…というのも、主人の母も今迄の経験から分離型を望んでいて、関係はすごく良好なのですが、だからこそ関係を変えない為にも分離型を理想としている状態です。
しかし、どうしても不可能、こんな家なら建てる意味ないよという感じで専門家の方がおっしゃるなら考えも変えていかないといけないのかなぁ…とは思うのですが、、
詳しくメールにてご連絡させていただきます。
ありがとうございます。

星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月15日
この間9坪ハウス計画したばかりです。是非腕試しさせてみませんか。地下の提案もありますが、大切なのは予定工事費ないで出来るかが大切です。資金計画から相談にのります。計画できても予算に収まるかが第一基本です。スケッチ段階は無料です。お気に召さない限り後追いもしません。資料と連絡先from_link@mac.comにおくりください。二世帯は設備費がかかりますが、部分的に分離発注し根拠あるコスト削減しましょう。それではゴイゲンヨウ。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月16日
はじめまして。
横浜で設計事務所をしています秦野浩司建築設計事務所の秦野と申します。
相談内容についてですが、他の皆様が言うように単純な2階建てでは
最大床面積は35坪×80%=28坪(92.47㎡)ですのでかなり厳しいかと思います。
浴室だけでも共有に出来ればと思いますがいかがでしょうか。
予算があれば、地階や小屋裏収納の活用は有効かと思います。
小屋裏収納は最大で階の床面積の1/2まではとれます。
1フロアが35坪×40%=14坪(46㎡)の場合、最大で23㎡までとれます。
弊社の過去の物件で川崎の家は3階建てですが、2階と3階の間に広くロフトスペースを確保しています。
http://hatano-arch.tumblr.com/kawasaki
現在工事中の辻堂の家は2階建てですが、2階の上に広くロフトスペースを確保しています。
http://hatano-arch.tumblr.com/tujidou
弊社は狭小住宅や無駄の無い効率的なプランニングの作成は得意としています。
宜しければ弊社のHPを見てもらい、ご興味ありましたらご連絡下さい。

秦野浩司建築設計事務所 秦野浩司
〒241-0824
神奈川県横浜市旭区南希望が丘116-1
パレーシャル山王202
TEL/FAX:045-367-0036
MAIL:hatano@xf7.so-net.ne.jp
URL:http://hatano-arch.tumblr.com/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月16日
landhole様

はじめまして。古川智之建築設計室の古川智之と申します。

2000年の事務所設立以来、狭小住宅を中心に家創りに取り組んでおります。

単純計算で1世帯あたり14坪となりますが、経験上空間を上手く利用することにより、十分に快適な住空間を確保できる面積ではないかと思っております。

もしご迷惑でなければ一度お打合せをさせて頂き、プランと簡単な模型のご提案をさせて頂けないでしょうか。
もちろん費用は発生致しませんので、お気軽にご連絡頂ければと思います。

何卒宜しくお願い申し上げます。

古川 智之
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2017年 1月16日
はじめまして、八王子市のヒーロートレーディングの広瀬と申します。無垢材と室内にクロスを使わない ドライウォール と言う工法を専門にしているビルダーです。

敷地35坪 40/80 の地域での完全二世帯で、ご満足いただける提案はできると思います。今、八王子市で敷地21坪建ぺい率40%容積率80% 駐車スペース2台の完全2世帯住宅の建築を行っています。来週末に引き渡しとなってしまいますが、この家を見学して頂ければご納得いただけるかと存じます。

27日までにお時間があれば、是非見学してください。また、この家の写真は弊社のホームページのトップ画面からもご覧頂く事ができます。

弊社の提案としては、2.5階や小屋裏などを利用してより快適な空間の提案をしたいと思っております。

弊社ホームページ
http://hti-hero.com/

矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2017年 1月17日
初めまして、【太陽と風と人の五感に素直な建築】森建築設計と申します。

敷地面積と容積率から考えて完全分離の二世帯は厳しいです。
一つ方法があるのは地下を作ることです。地下は容積率緩和があるので、延床面積42坪まで建設可能です。この面積なら完全分離二世帯も可能になります。

さて、森建築設計の特色をご説明いたします。
■夏涼しく、冬暖かい、極力エアコンのいらない居心地のいい家をご提案します。
■デザイン面では神奈川建築コンクール受賞などあります。
■住宅コスト解説の執筆をしておりコストコントロールに優れています。
■バウビオローゲBIJとして「健康で、快適で、エコで、美しい建築」をご提案します。

お時間のあるときにホームページやブログも是非ご覧ください。

森建築設計 森健一郎
電話:090-9134-2670
メール:info@mori-ken.com
★横浜馬車道アトリエ
横浜市中区本町6-50-1
YCCヨコハマ創造都市センター内106
★川崎等々力アトリエ
川崎市中原区等々力17-5
★ブログ
http://moriken1ro.exblog.jp/
★ホームページ
http://moriken.p1.bindsite.jp/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「35坪での完全分離型の二世帯住宅」をfacebookでシェアする

おすすめ

同じカテゴリーの他の相談

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら