建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

部分リフォーム

回答 

1件

海岸線の高台に水平線を望む週末ハウス

海から500メートル程離れた高台の分譲地に計画する週末ハウスの件で、年老いた両親と週末過ごす家で、私には子供はなく、知人の設計者に相談すると、30年程度もつ安価な計画にしたらと、そこで提案されたプランは南面採光を沢山とったガリバニウム鋼板屋根の木造2階建て、週末ハウスのため、光熱費のランニングコストを太陽光パネルを設置してペイ出来るようにしたいのですが、ガリバニウム鋼板の屋根材に、塩害の不安をかんじます。地震が頻発し屋根材は出来るだけ
軽く、太陽光パネルの設置費用も鋼板が一番安価なようです。だけど周辺の住宅は瓦屋根が多いです。予算があれば屋根瓦にしたいところですが、ローコストで考えるのならどのような選択になりますか。
海岸部での塩害にも丈夫なガリバニウム鋼板とはどのようなものがありますか。又塩害地域でのその他注意すべき施工方法とは。
車庫もオープンではなく屋根付きにするべきでしょうか。
ブロパンガスの地域で全室ガスの床暖房の設置提案に、ランニングコストの事を考えると、どうなのかな。太陽光熱を取り入れた、床暖房ではどうなんでしょう。比較的温暖な地域においての暖房計画はどういうものが考えられますか。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

1件

2014年 1月29日
腐食を懸念されているならばコロニアルになります。
瓦は地震を考えると心配が残ります。
やはり軽さを選ぶと良いですね。
やはり、金属であるかぎり塩害はつきまといます。
建築家はコロニアルのような俗っぽさを感じる素材は好まない傾向にあります。ハウスメーカー的イメージになるからです。
せっかく建築家がいらっしゃるのでバリエーションを造ってみていただくのがいちばんです。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
この家づくり相談「 海岸線の高台に水平線を望む週末ハウス」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談